駄文・駄目人間ゲーマーの戯言

駄文・雑文ばっかりのだらしないブログ 基本カグラとか艦こればっかりだけど他にも書く※不定期

フォトカツ終了間近

DhlVao1UwAIpbos

2月の終わりごろからやっとプレイして7月11日にサービス終了。
短いようで長いような微妙な感じですが楽しませてもらいました。

アイスタ終了の悲しみを補う為にDLしてプレイしたら予想以上にハマったのは良いもののswitch購入してからは寝る前に少しプレイし、ランクも84まで達成。

出来れば100まで行きたかったのは悔やむ所なのだが後数日でそこまで達成するのは難しい所…。

残りの期間でスクショやら何やらやって最後のひと時を楽しむことにします。

Dhidd2ZUYAADSoX
おまけでお気に入りのモブ娘のスクショを貼っておく。

ベヨネッタをクリアした(簡易感想)

BEYO1

6月にDLカードを購入してDLしたもののスプラ2をずっとやってたのですが、100時間以上プレイしたので休止期間にとプレイし7月8日に本編クリア。

ゲームシステムはデビルのスタッフが関わってたので割と似たような感じだけど、あっちとは違って敵の攻撃が早い上に一つのチャプターが普通にプレイしても30分ぐらいかかるぐらい長い。
そんな早い攻撃をギリギリで避けて「ウィッチタイム」と呼ばれる敵や物の動きがスローになる現象を利用して敵に攻撃するという独自のシステムはやってて面白い。

だけど、初見だと分かり辛いQTEや敵の攻撃が多いし、チャプターの途中からバイクを使って移動したりスペースハリアーもどきなシューティングゲームをやらされたり(BGMはアフターバーナー・スペースハリアーのテーマアレンジ)中盤辺りからダレてしまうのは少し残念。

しかも、シューティングとバイクは結構長いことやらされるのでチャプターの頭からやり直しても嫌々やらされるのでそのチャプターだけはあまり何度もやりたくないって気持ちも強くなる。

ストーリーやキャラクターも人を選ぶような印象。
1回やっただけじゃ分かり辛いし、バカゲー的なノリが苦手な人にはあまりオススメ出来ないかも?

でも、アクションゲームとしては良質な所もあるのでswitchでやりたいソフトが無かったらやってみるのも良いかもしれない。


BEYO2

ちなみに本編クリア後のリザルト画面
ノーマルでも歯ごたえあって且敵もめっちゃ早いので散々な結果に終わってしまった。
ハードモードが出現したけど、何時プレイするかは未定。
2は買うかどうか分からない。

総合評価
100点中63点

スマブラだったりFE新作だったり



待望の歴代ファイター全員参戦。
個人的には持ちキャラのソニックやワリオが新作でも使えるのが嬉しい上に前作のDLCも全員居るので実質3DS・WiiUスマブラ完全版って印象。

子供リンクとトゥーンリンクの性能差ってどうするのかとか色々気になる点はあるけど、今後の情報に期待。



久々の据え置きFE新作
動画良く見たら武器の回数制限が戻って来てるっぽい。
戦闘観るとコレジャナイ感も強いけど、背景にモブ兵士が大量に居るお陰で戦場にリアル感が増した感じかな?
大量の弓兵と共に巨大な敵に立ち向かうのすっごくやりたいんですが…。
来年春に発売予定とのことなので、その間に他のゲームをやってまったり待つとします。

ただ、来年は20代最後の年…。

斑鳩をやってみた(簡易感想)

ikaruga1
ikaruga2

先週の水曜日にDLして土曜日にコンティニューありで一通りクリア。

結構前からゲームの存在自体は知ってたもののプレイ自体はしていなかったのでこのタイミングで配信してくれて良かったと言える。
ただ、自分でプレイしてみると結構難しく。コンフィグをイジって無い状態だと1面がクリアできるかどうか怪しいってぐらいヘッポコなプレイになってしまった。
ただ、ネットランキングは興味無かったのでコンティニュー無制限、残機数最大にしてまったりとやってクリア出来た。

見た目は普通のシューティングだけど、このゲームのコンセプトは「弾に当たる」こと

普通だったら避けなきゃいけない弾に対して自機と同じ色の魂に当たればそれを自分のエネルギーとして取り込むことができ、「力の解放」と呼ばれるレーザーを放つことが出来る。

ただ、弾に当たるという行為自体、簡単なようで難しいことで自機は「白」「黒」の2種類に好きなタイミングで切り替えられるのだが、瞬時の判断で切り替えて敵の弾を吸収しないといけないことが多々あるし、場面によっては絶対にその色じゃないと突破出来ないシーンもあるのでシューティングでありながら少しづつ覚えて上手くなるアクションゲームの要素もあるので、何回もやってれば自然とパターンも分かって来る。
コンティニューありでも何回かやればまた1面からプレイしても前のプレイより結構楽だと思えることも多々あったので、覚えゲーに慣れてる人がプレイすれば結構上手いプレイが魅せられるんじゃないかと。
ボリュームも全5面構成で短いながらも何度もプレイするのには丁度よく、プラクティスモードもあるので苦手な面を好きな時に練習できて初心者でもゲームが上手くなる喜びを得られるんじゃないかと。

難点としてはやっぱりシューティングは上級者御用達のジャンルみたいなイメージが固まっており、プレイヤースキルの有無次第では飽きや挫折が来るということ。
やっぱり人を選ぶジャンルなのでコンティニューありでも難易度が高いことには変わりが無く、途中で萎えてくる人も多いんじゃないかなぁって思う。

後、ストーリーも硬派な所もあってとっつきにくい。
まあ、シューティングゲームのストーリーっておまけみたいなものだから気にする程度じゃないけど、ストーリーありきで購入したいのであればあまりお勧めは出来ないかなぁ…。

総合評価は100点中79点

switchで箸休めにちょこっとプレイするには良いかもしれないけど、人によってはキツいものがあるかもしれない。

PS4でも配信されるらしいので興味があればそちらも。

ゲーム中心雑記

スプラフェス

この前の更新より結構間が空いたので雑記形式で最近プレイしたゲームの近況を続きを読む
最新コメント
宣伝
『閃乱カグラ SHINOBI VERSUS -少女達の証明-』公式サイト
プロフィール

スロウ

ゲームやら、漫画やら、アニメやら色々好きな所謂オタクという奴です。

ゲームに至ってはアクションゲームが好きで、アニメ漫画に至ってはヒロイン物多め。


閃乱カグラ勢の一人であり、なるべく情報はブログに出そうかと思います。

ブログでの感想もお気軽にコメントしてくださいね。

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ