駄文・駄目人間ゲーマーの戯言

駄文・雑文ばっかりのだらしないブログ※不定期

2020年09月

マリオ3Dコレクション&バイオRE2購入からのプレイ中

marioBIO

発売日に購入して唯一未プレイだったギャラクシーからプレイしております。

とはいってもついでに買ったバイオRE2の方に浮気していたり(苦笑)
バイオの方も面白いは面白いが、息つく暇が無いぐらいゾンビやらクリーチャーやらと死闘を繰り広げて土曜日にレオン編をクリア。


biore2

久々にやったけど、上手く行けばもっとタイム縮められるっぽい?

ギャラクシーの方はもうすぐクリア出来るけどスター集めに夢中なので、もう少し時間がかかるかもね。

PS5だってさ

PS5、発売日は11月12日。価格は49980円、デジタル・エディションは39980円に決定【PS5ショウケース】


発売日早!!この性能でこの価格!

っと言ったものの結局性能が良くても安くてもソフトが無ければ話にならない訳で。
現時点で面白そうだと思ったのはホライゾンの続編とハリポタのゲームくらい。

それも、無理に「発売日に買いたい!」って気持ちにはならない程度ではあるが。

発表されたゲームも洋ゲーよりの濃い奴ばっかりでイマイチ手を伸ばしづらいし、日本人ウケするゲームが少ないのが疑問。

いや、洋ゲーも面白いっちゃ面白いし、好きなのもあるよ?だけど、PVみただけじゃ実際自分がやって面白いのかは判断できないし、やっぱりゲームは実物を触らないと評価は出来ないですよね?特に洋ゲーだと。

仮に日本からゲームが出るとしても、ダクソ系や無双みたいなゲームばっか出る未来しかないし、PS4でエロ要素が規制されてから美少女物が出てもテキストAVGばかりになるだろうし。

初代PSやPS2みたいにもっと奇抜で頭のネジが外れたようなアイディアを持ったゲームを出して欲しい所ですな。まあ、それに期待するのは自分だけだと思うが(苦笑)

とまあ、しばらくはPS4もまだまだ現役で活躍するだろうし、無理して発売日に買う必要な無いかなってことと、Twitterのミーハーなノリに付いていけずにあえて否定から入りたいってのもあってこの記事を書いた訳で。

とりあえず、小型のNEWモデルが出る辺りが買い時なんじゃない?(気が早い)

対馬 プラチナ取得


元々取るつもりは無かったけど、せっかくなんで。
取得すること自体は楽な方だけど、一部攻略みないと分からないものもあったので見るのと見ないのとじゃ取得難易度っていうより時間がかかるかもしれない。

ゲーム自体も面白い分トロフィーはこのぐらいで丁度良い見方も出来るね。

ゴーストオブツシマ クリアー

tusima2

ゴーストオブツシマをようやっとクリアーしました。

復讐の為に儀を捨てた男が非道な手段を取り対馬を蒙古から取り戻す、濃厚なストーリーと死の描写。
一人一人複雑な事情を持つ登場人物。

全てにおいてゲームという名の芸術に相応しい1本だった。

アクション面は他のオープンワールドとは違いロックオン機能が分かり辛い部分があるので正直慣れるのには時間がかかる。
ある程度技能を覚えれば戦闘は楽になるが、後ろから横からも切られるのでそこはイラつきを覚えるかもしれない。


それと、ネタバレになるから伏せながら言うけど、相当グロ描写がエグい方向にあるシーンもあるのでグロ耐性が無い人は要注意。

Z指定にしてもそこまでグロくは無いだろって思ったけど、最近のゲームで此処まで描写の限界に挑めるのは凄いっていうか何というか。(汗)

そういや、初代PSも一部グロい表現を容赦なく使ってたゲームあったなぁ…。

それ以外を除けば、ストーリー型のゲームとしては◎だけど、オープンワールドとしては出来ることは探索やサブイベ以外そんなに無かった印象でした。

100点中83点

積みゲー消化 ソニックラッシュ

SONICRASH


ちょっと前にブックオフで中古DSソフトを数本購入して、その中のアクション枠である「ソニックラッシュ」をクリアー。

自分が見たのは通常EDだが真EDもあるらしい。
しかし、そこはやる気は無し。

携帯機のソニックってそんなに遊んでいない気がしたのだが、通常ステージは変な所に穴があったり、ミスを誘発させるギミックも多く、正直歯ごたえがあるっていうより理不尽な難しさを感じてしまった。

空中でのアクロバティックアクションでスコアも上がるし、何だかんだで道が続いている場面だと爽快感があるのだが、途中のステージはイライラしながらプレイしてしまった始末。

ボス戦も微妙の一言
全面3Dで構成されているのだが、ボスに攻撃出来る隙が固定されていて

隙が出来る攻撃を待つまで攻撃を避ける→ある攻撃を避けて隙が出来る→弱点に攻撃→繰り返し

の作業プレイ。

地味に体力もあるので辛い辛い…。

ラスボス戦も「リングがあればこんなボスでも誰でも倒せるでしょw」みたいな感じで作ったんじゃないかって思えるぐらい辛い。

体力減るごとに攻撃の動作が早くなったり、避け切れない攻撃ばっかしてくるのでストレスの溜まる試合が続いた。

撃破してEDを見た時にはもうプレイしないなって気持ちでいっぱいに。

発売当時だったらまだ若かったので難しいのを気にせずにただ、純粋に速さを求めてプレイしていたと思うのだが、時間が限られている今ではクリアしたい気持ちが優先されたりして早めに見切りを付けたんだとさ。

総合評価
100点中52点

ただ、音楽は素晴らしいの一言。
携帯機でやる難易度じゃなかったし、もうちょっとボリューム感も増やせば楽しいゲームになったはず。
最新コメント
プロフィール

スロウ

アニメ・漫画・ゲーム好きの超インドア人間。
気まぐれに更新して気まぐれにサボる。

  • ライブドアブログ