ごちうさとヴァルキリードライヴしか見てない気がする。

いや、再放送含めて何個か録画はしてるんだけど、視聴は引き続いて見ているもの、夕方朝以外は本当にこの2作しか見てないんだ。

楽しさでいったら

ごちうさ>>>>ヴァルキリー

って印象だし、 正直続編のごちうさが一番面白い気がする。
ヴァルキリーはキャラデザと描写が慣れてないせいもあって受け付けない印象で毎週見ても面白いとは思うけど「なんだかなぁ」って感じで見てる感じだし

薄々と深夜アニメっていうかアニメそのものに対して冷めてる印象。

大体、アニメやりすぎなんだよなぁ・・・・。1年でこんなに見れるかってぐらい放送されてるし、無理してアニメにしなくてよくね?っていう作品も多い。
その上、セルブルーレイ・DVDは本編の収録数に合わず余計な特典が付いて高いし、そりゃあアニメ業界衰退の道辿るわなって思ってしまうわけで。

録画してダビングに使うBD-Rの方が単価安くて余裕で数十話入るのに1巻2話ずつだけ入れて後はオーディオコメンタリーとか入れて誤魔化してる感じにしてるのは本当にどうなんでしょうね・・・・?

逆に収録数がまずまずであの値段だったら買うかもしれないけど、収録数2話で別売にすりゃあいいものを態々おまけにしてファンしか喜ばないもの作って本編だけ見たい人は満足する?

変な例え話で申し訳ないけど、小説1冊売るとして買い手側はその小説を読みたい為にその小説を手に取る
だけど、余計な特典でマニアにしか分からない詳細な設定が入った小冊子やマニア同士のトークによるCDが入ってた。結果本単価よりも高い値段で売られていてしかも、分けずにそれだけが売っていた

どう?その小説を読みたいだけで買いたい人にとっては喜ぶと思います?読書好きだったら買うかもしれないけど、態々高い値段で買いたいとは思えないでしょう?

話が逸れるからここまでにして、要は本編が見たいからDVDやブルーレイを買うのであって特典なんてのはその作品のファンぐらいしか買わないんだから少し期間置いたら廉価版なりなんなりだしてくれよって思う訳で

本編1度だけ見たいぐらいだったらレンタルでも良いわけだし、もっと言うならオンデマンド配信されてるので十分
だけど、皆が皆それを利用できなかったりする訳なんだし、面白かったからいつでも見たいって人も居るだろうから1巻8000円以上で売らなくても良いんじゃないかって常に考えてしまう訳で

そんな金出すくらいだったら違法投棄されてる本編を見ちゃうって人が減らないのはそういった考えなんじゃないかって思う。

少々愚痴っぽくなって申し訳ないけど、そういう考えもあるからアニメっていうものに対する情熱も冷めてるのかなぁ・・・。
DVDブルーレイ1巻辺りが高い割に1年でやる作品も多いし

なんだかなぁ・・・・。