ボチボチ進めて行くうちにスマブラSPが発売されてそっち優先でプレイしてたけど、やっとこさシェンムー1をクリアー。

数十年ぶりにプレイした感想といえば、こんなにサクサク進めるゲームだったかな?って感想。
ガチャガチャも子供の頃のプレイと比べれば単純に暇つぶしでやってたものだし、ストーリー進めるにもメモや情報をちゃんと聞きだせば数十時間で終盤まで行けるのでボリュームは大して無い。
バイトを始めてからは自由度が下がって寄り道する時間すら無いに等しい。

今の自由度やボリュームの大きいゲームをやるとどうも自由度の低さに目が余ってしまう。
終盤のバイトは惰性でプレイしてしまったのだが、上のフォークリフトレースでトロフィーが取れるので頑張って1位を取って記念に動画にした。
ちなみに、その後も1位続きで最終日は2位で終わった。

やっぱり、昔と今じゃ感覚や新鮮さが違い過ぎてとてもオープンワールドとは思えない自由度の低さもあって「ただのアドベンチャー系RPG」として捉えてしまっている。
スペースハリアーも色んな機種で移植されているし、むしろ、他機種版の方がコンティニューとか色々出来てそっちでやれば良いんじゃね?ってぐらい有難みが感じなくなってしまっている。
初代ハングオンはむしろ貴重だがw。


ちなみに↑の動画は昔、ファミ通のやり込みにあった奴の再現。
完全なネタプレイだが、ちゃんと再現されてて良かった(何)


さて、2もあるけど、それは後からで良いか…。