megadrive3
huukaED1
razokatu



気づけば2019年も残り僅か。
今年は仕事が少し忙しい雰囲気になったばかりか三十路を迎える不安に際悩まされた年でもあった。
でも、ゲームとアニメに触れればいくらか精神が安らぐのでそんなに悩んで無かったのかもしれない。(笑)
三十路もあっさり迎えることが出来たので来年は色々学びたい年にしたい。

■ゲーム

今年は「ファイアーエムブレム風花雪月」「DaysGone」「SEKIRO」が個人的2019年TOPゲームに入った。それぐらい、大半の休みや空き時間はこれらに費やしたと言っても良い。ただ、ファイアーエムブレムはまだ王国篇を残しているので来年辺り再開する予定。1周クリアするのにすんごい時間かかるのでモチベアップの為に休止していたがそろそろ良いかな?

デイズゴーンはバグやひたすら長いアップデートがマイナス要素として残っているが、久々にスリルあり、海外ドラマを彷彿とさせるストーリー、自由度の高さの虜になってしまい、プラチナ取るほどハマった18禁洋ゲーであった。

ホライゾン、ゼルダに続いてちゃんと終わりもあるし、自由過ぎない加減さもあったので個人的には丁度良かったかなって思えている。

SEKIROは1週目を攻略サイト等を観ずに手探りプレイでやっていたせいか中々ボスが倒せずにいたり、何度かイラつきながらプレイしてたけど何だかんだクリアして達成感も大きかった。
現在、2週目をプレイ中。
RTA動画や収集アイテム調べで攻略サイトも解禁してトロフィーコンプを目指しております。

あんなに死んだのに「二度とやるか!!」ってならないのはロックマンに通じる所があるかもしれない。

その他レトロゲーム等も昔やったゲームでもswitchオンラインで遊べるのは良い時代になったと言えるのだが、不定期に増えていくのである意味積みゲー発生装置として上手く働いているな。
散々遊んだゲームでも当時遊んだ時より腕が上がっていたり名前は知っていたけど触れていないタイトルにも触れられる機会が増えたので結果的にOKかな?

■アニメ

今年は「私に天使が舞い降りた」「アイカツオンパレード!」「放課後さいころ倶楽部」「スター☆トゥインクルプリキュア」「ぼくたちは勉強ができない」「まちカドまぞく」辺りが良かった。
もちろん観た中でだが、他にも自分が観てない作品もあるのでいずれ観てみようかと。

この年はアニメ界隈で色々事件が多くてまともに楽しめないこともあった。
そんな中やっぱり日常系アニメは知識をそんなに必要とせず楽しめたのが救いだった。

っていうか今年はアイカツばっか観てたような気がする。1stシーズンをDVDレンタルで観返そうと思って前半観たら余計にハマって再放送も観続けたら気づいたらレンタルで観ることは無くなったっていう(苦笑)

ミニライブにもひっそり足を運ぶことも出来てるし大型ライブのチケットを買って観に行こうかと考えるけど中々勇気が出ないなぁ…。

ジュエペもサンリオ公式チャンネルで配信されて、初代を初見視聴・てぃんくるを数年ぶりに観たらてぃんくる最終回のラストでガチ泣きしてしまったほど。あかりちゃんに今の自分を重ねていたのかもしれない(キモイ)

プリパラ1stシーズンをニコ生、2ndシーズンをテレ東公式チャンネルで期間限定配信されていたのでこちらも思わず視聴したら夢中で見続けていた。

何だかんだ言って楽しめたのは女児アニメだしやっぱり女児アニメが好きなのかもしれない。
女児アニメの女の子は普通のヒロインとは違う魅力があるわやっぱ…。

深夜界隈だとわたてんやまちカドまぞくみたいなアニメがツボだったしわたてんは久々に原作を買って応援したほど。
みゃー姉やシャミ子みたいな子が最近好きなのかもしれない。

ただし「け〇のフ〇ン〇2」テメーはダメだ。

■その他
今年は嫌な事件や話題も多かったからメンタル面のダメージも地味に多かった。
マジであの事件はダメージ大きかったしあの時はまともな判断が出来なかったと思う。
来年はいい年でありたい。

今年の更新はコレで終了

良いお年を!!